長時間労働 おかしい

ブラック企業を辞めたい

実録!30代でブラック企業を脱出した生身の体験ブログ!

うちの会社の長時間労働はおかしいと感じている人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎日毎日が度重なる長時間労働で辟易としている人いませんか?

 

 

うちの会社の長時間拘束は「おかしい」

 

 

激務にさらされる毎日で、ストレスからこんな精神状態に陥っている人もいることでしょうね。

 

あなたが今感じているその、「長時間労働はおかしい」という感覚、それは決して間違っている感覚ではありません。

 

 

なぜあなたの会社はそんなにも長時間労働なのか?

 

それで及ぶ悪影響とは?

 

 

 

日本企業に長時間労働がはびこる理由

2016y08m08d_142430084

 

(参考資料:公益財団法人 日本生産性本部

 

ちょっと見づらいかもしれませんが、上記は日本の時間あたりの生産性を表した図表です。

 

日本の生産性は低いと世界規模でも言われています。

 

もちろん、世界で比較した場合にはメインとしてどんな産業に取り組んでいるかで微妙な差もあるので、一概に比較できるものではありません。

 

しかし時間あたりの生産性が低いということは、日本は実態として「ダラダラ仕事をする国」ということはなんとなく言えます。

 

問題意識の根底の差の一つに、世界と比べて時間に対する意識のズレがあることは確実です。

 

 

ともあれ日本の場合、その文化・伝統性もあってか、

 

 

「働く時間が長ければ長いほど、より多くの結果につながる」

 

 

こういった考えが根付いています。

 

一昔前の高度経済成長期やバブル期の絶頂の時は、こういった考えが合致していたのかもしれません。

 

それこそ、

 

「やればやるだけ儲かる。伸びる。」

 

こんな考えが根底にある企業が多かったのです。

 

 

問題なのは時代が変化しIT化やグローバル化が進んできているのに、こういった古い考えを脱却できていない点です。

 

時代の進化とともに長時間労働に対する考えが、そぐわなくなって来ているのになぜか日本だけ古い考えから脱却しきれずにいる。

 

それが、結果的に世界規模で生産性の低下という原因にも繋がっている。

 

 

なぜ日本だけそんなにも長時間労働を良しとする風潮が強いのか?

 

 

それはある意味で、欧米との文化の違いと言えます。美意識の違いとでも言いましょうか。

 

多くの日本人(特に昔の経営者)は、「働くことは社会の役に立つこと」と捉えています。

 

「勤労」という単語があるぐらいで、日本人は働くということに対して美しいといった感情を持っているのが一般的とされている。

 

自分自身が幼少の頃も、額に汗水たらしてあくせく働く両親の背を見て育った方も多いのではないでしょうか?

 

「働かざるもの食うべからず」なんていう諺もあるぐらいですからね。

 

仕事で忙しいのは幸せ。こんな感覚も根強いのです。

 

 

かたや一方、欧米はどうなのか?

 

欧米では働くという行為は「しなくて済めば一番良い」。こういった捉え方をしているのが普通。

 

誤解のないように言っておきますが、仕事に精を出し命をかけて働いている欧米人も沢山存在してます。

 

ただ全体的にガツガツ働くことを望まない体が強い。

 

欧米では、ちょっと堅苦しい言い回しをすると、

 

 

仕事の上では資本家も労働者も対等であるべき。

 

その為には、できるだけ搾取されずに、より高い賃金を勝ち取りより短い労働時間を権利として保持したい。

 

 

こういった、ある意味で文化の違いとも取れる考えが根底にあるのです。

 

 

もはや仕事に対するコンセプトがまるで違うため、欧米では長時間労働、ましてやサービス残業などは良しとしない傾向があるのです。

 

「長時間労働はおかしい」と言う以前に、それ自体があり得ない話しなんですよね。

 

またそれはプライベートや家族との時間を大切にするという考えにも直結しています。

 

 

家庭を崩壊させる長時間労働

 

2016y08m08d_132757247

 

最近では給料が上がらない事や、非正規雇用の方が増えて「将来の安定」が望めない事が理由に、男女ともに未婚率が上昇している事実が話題になっています。

 

しかし、これ、一概に雇用の安定だけの問題とも言い切れません。

 

給料の問題もあるのでしょうが、同時に長時間労働も大きな原因になってもいるのです。

 

労働時間が青天井になれば、その会社で働く人間は仕事三昧の日々を送ることになります。

 

するとどうなるか?

 

 

・婚活の時間がない

 

・家族とコミュニケーションが取れない

 

・男性が育児に全く参加できない

 

・親の介護もままならない

 

・いひてはワークライスバランスが保たれない

 

 

 

こういった状況に陥ります。

 

 

そりゃそうです。

 

第一、家に帰る時間すらなければ、婚活も子育てもやりようがないのですね。

 

長時間に渡って仕事に時間を拘束されれば、当たり前ですが、それだけ疲労が蓄積されます。人間関係の中ではストレスも加算されるでしょう。

 

長時間労働はそれだけ「人生そのものを消耗」する訳です。

 

 

家庭を顧みる時間が無いどことか、独身者に至っては家庭を築く時間も無い。

 

 

この状態は欧米などの海外から見たら異常な事です。

 

 

人生を楽しむ為に仕事をしているのに、仕事の為に人生を捧げている矛盾。

 

そりゃ、おかしいと思うなという方が無理な話しですよ。

 

 

1日16時間労働で起きる体の異常

 

 

 

長時間労働が人口減少に拍車をかける

政治家の増田寛也氏はその主張「増田レポート」の中で言います。

 

 

仮にこのままのペースで人口減少が続いていけば、2040年までに全国約1800市町村のうち896の市町村が消滅する。

 

 

これは極論で色々と批判もあるようですが、あながち間違っているとも言い切れない。

 

難しい理屈抜きにして、結婚できる環境・子育てできる環境が整っている人が減っていけば、子供ができないため人口は減少していきます。

 

人口が減少すれば、企業の人手不足にも歯止めがかからないため、長時間労働の問題は増々解決しにくくなる。

 

職場は人材が枯渇するためよりギスギスし、精神上も能率上も改善はしないため、労働環境は更に悪化していく。

 

 

1つのシュミレーションですがこういったことも十分に考えられる。

 

 

時間や時代制を尊重する会社を選ぶべき

よし日本はもうダメだ。だから皆んなで海外に居住しよう。

 

という話しではありません。

 

 

もしあなたの会社が、

 

 

・長時間労働に美徳を感じている

 

・時間あたりの成果にまるで無頓着

 

・トップの方針が不明確で曖昧

 

 

こういったビジョンを掲げている場合、ここで改めて「本当に今の会社でいいのか?」を考えてみる必要があるでしょう。

 

少しでも今の環境を改善させたいと願うのであれば、上記のような考えが浸透している会社にいては何も変わりません。

 

 

・会社が環境も含めて社員にどうしていいのか明確にしている

 

・働き方の具体的な「見える化」を進めているリーダーがいる

 

・残業時間の削減が評価される仕組みがある

 

 

 

こういった、これからの未来作りを意識した会社に行かない限り、長時間労働の問題は解決されないと断言できます。

 

裏を返せばこの人材不足の世の中にあって、働く環境も整えず、少ない人材でできる仕組みを作れない会社は世界規模でみてドンドン淘汰されていくとも言い換えられます。

 

 

長時間労働を強い、会社のビジョンを「気合」「根性」だの「人間力」だの言ってのけている企業が、果たして今後何年持つのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
アーカイブ
転職エージェント
自分は転職できるのか?もしそんなお悩みを抱えているなら、「転職エージェント」に相談してみては?
最近の投稿