休みが少ない 辞めたい

ブラック企業を辞めたい

実録!30代でブラック企業を脱出した生身の体験ブログ!

休みが少ないから会社を辞めたいは甘えじゃない!転職して見える事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


新卒でやっと勝ち取った内定。

 

石の上のにも3年。会社は我慢の連続。

 

社会人になれば辛いのは当たり前の事だと認知して、アナタは必死に仕事に励んでいることでしょう。

 

 

お客さんの事を第1に考えて毎日を過ごす!

 

報連相の徹底で、風通しの良い人間関係を築く!

 

 

こんな感じで、会社から落とされたことを真面目にせっせとこなし、毎日を過ごしているかもしれませんね。

 

 

しかしふと今の会社に疑問を感じた事がありませんか?

 

 

「いかんせん休みが少ない・・・。きつい・・。辞めたいなあ・・・。」

 

 

ズバリ言います!。

 

 

休みが少ないから会社を辞めたいと考える事は、全く甘えではありません!

 

今すぐにでも転職してください!

 

 

ズバリ!休みが少ないのは会社の機能不全

通常の会社であれば、定休が存在します。

 

・土日休み

・シフトによる交代休日

 

このどちらかが普通です。

 

ズバリ言います。

 

休みが少ないということは、今の会社で

 

 

「土日のどちらかが何らかの理由で出勤になる」

 

「シフトによる交代休日が何らかの理由で回せない」

 

 

こういった支障がきたしている訳ですね。

 

 

それは突き詰めて考えれば、「アナタが休日出勤しないと会社に支障をきたす」事を意味してもいます。

 

 

それはどうゆうことなのか?

 

 

・人手が足りない為、アナタが穴埋めをせざるを得ない

 

・薄利多売なため数勝負。時間を切り売りしなければいけない

 

・そもそもの仕組みが会社にできておらずにアナログ

 

・会社側に休むのはナマケモノという文化がある

 

 

 

こういった理由が会社側にあるのです。

 

 

上記に上げたシステムが構築されていないという事実は、会社側に不備が、機能不全が起こっていると言えます。

 

まして「休日は怠惰」なんていう考えは、完全にブラック企業の発想でしかない。

 

 

 

休日の少なさを人間力でカバーするという無知さ

air-force-academy-100379_640

 

 

新卒やまだ20代の若手社員であれば、上司の指示に従って業務を遂行しているのかもしれません。

 

結果が出なければ、体をはって頑張らなければと意気込んでしまうことも多いでしょう。

 

 

ですが、根本的な業務の運営そのものを人の体力や時間でカバーしようとしてる会社は将来性が無いと言えます。

 

 

それは言い方を変えれば経営陣の体質が古い事を意味しています。

 

自分自身が過去に「時間」と「体力」を切り売りして出世してきたために、何か問題に直面した際にも解決法が時間と体力しかないのです。

 

今風に見れば、ある意味これは甘えです。

 

斬新な仕組みや創意工夫のあるアイデアで利益を捻出するという努力を怠ってきた証拠。

 

そしてそんな会社に限って、休みがすくないくせに給料が低いのです。

 

 

 

人手が足りないのは応募者が魅力がない事に気づいているから

そもそもに会社に魅力が無い。社長がウチの魅力はお客様に感動を与える事だ!などと抽象的なことばかり言っている。

 

 

自社の魅力を「夢」だの「感動」だの言っている会社は要注意です。

 

 

客観的に考えてみてください。

 

 

応募者が最初にみるのは業務内容ももちろんありますが、まずは待遇などの福利厚生。

 

人員が集まらないのは、この福利厚生に何か嘘を付いているか根本的に整っていない事と同義です。そしてそれが応募者に見破られている。

 

えてしてそんな福利厚生や待遇の悪い会社に限って、「営業は人間力」などといって具体案の指示がまるで無かったり、

 

「ダイレクトコミュニケーションが社員間の信頼関係を築く」など公言し、貴重な休日もミーティングに参加させたりしている。

 

結果休みが少ない。最悪、取れないなどの状態になっているのですね。

 

 

経営陣の理念はそう簡単にくつがえす事は難しいので、このまま休日が少ないまま疲弊していくことが目に見える訳です。

 

 

あなたは休みが少ないから辞めたいのはもちろん、それが将来にわたって改善される見込みが無いことに悲観してるんじゃありませんか?

 

 

その感覚は間違ったものではないです。

 

 

 

会社に売上構築を効率的にする仕組みがない

利益構造の根幹をなす仕組みを作ることは、会社の中枢にいる人間しかできません。社長は然りとして、専務や常務・部長達が意見を取りまとめて作っていくしかない。

 

それをもとに部署や上司を通じて下に降りてくる。

 

 

にも関わらず、こういった幹部がまるで仕事をしていないのです。

 

 

正確に言えば仕事をしていないのではなく、考え方自体が古臭く時代についていっていない。

 

 

・ミーティングは全員対面参加。(スカイプを使えない)

 

・ネットを使った集客ができない(そもそもWEBの知識がない)

 

・始業の1時間前には出社するなど根拠の無いしきたりが存在する

 

・努力は裏切らないなどとよく分からず言っている

 

 

 

こんな感じで体質自体が古臭く、無駄にアナログなために拘束時間がどんどん、どんどん長くなってしまうのです。結果休日自体も少なくなっていく。

 

 

経営陣が古いアナログな仕組みの上にのっかている理由は、自分らも慣れ親しんだ手法のため楽だからです。

 

 

またなまじ過去にそれで結果がでていた経緯もあるので、アナログな手法を辞めようともしない。この仕組を一個人のチカラでくつがえすののは簡単ではありません。

 

 

その会社だけでしか通用しないスキルになってませんか?

真面目な人ほど、上記のような会社で頑張ってしまうかもしれません。

 

 

辞めたいなんて言うのは甘えだ!

 

とりあえず3年はやらないと!

 

 

こんな感じで奮起してしまう。

 

 

しかし冷静に考えてみて下さい。

 

 

「今は甘い」「3年は我慢」するということは、ゆくゆくはその後は別の会社なり職種なりの転職を視野にいれているはずです。

 

一番恐いのは、今の会社で学んでいる事が自分自身のキャリアになってしまう点です。

 

一昔前は終身雇用が当たり前であったため、会社でキャリアを身につけるという発想自体がありませんでした。その会社に一生を捧げるのだから、今いる会社の事に精通していればよかった訳です。

 

 

ただ現在は転職するのが当たり前の時代です。

 

 

むしろ転職者、売り手市場の時代で35歳以下であれば、転職するごとに待遇が良くなっていくという見方をしている人もいるぐらい。

 

アメリカでは転職してない人はダメな奴とみられるほどです。

 

 

そんな中で、アナログな会社で「その会社でしか通用しないスキル」を学んでいってしまったら、それは単なる時間の浪費にもつながりかねない。

 

 

実際問題として、A社でしか通用しないスキルをいくら学んだところで、凡庸的で本質的なスキルを磨かない限りゆくゆく困るのは自分自身なのです。

 

仮に、30代の中盤で首尾よく転職に成功したとしても、その時窮屈な思いをするのは自分です。

 

「A社でこういった感じでやっていたんですけど・・・」

 

なんていうその会社でしか通用しなかったスキルをいくら講じても相手にもされない時代が今です。

 

 

そういった視点からも、今の自分の環境を客観的に見つめなおす事は大切です。

 

「休みが少ない」会社なんていう低次元の仕組みの組織に在籍していては、目の前の作業に埋没し疲れきってしまうだけで、斬新な考えや創造性は育たないと断言できるでしょう。

 

 

あなたの「休みが少ないから辞めたい」という思いはある意味で前向きで発展的な感情なのです。

 

 

 

最後に:今すぐに抜け出しましょう

 

休日が少ない会社を脱出する方法は、言わずもがな転職です。

 

 

ポイントを一つだけお伝えします。

 

 

転職エージェントを利用すること。そして今すぐに登録することです。

 

なぜなら休日が少ない会社で働いていると、疲労度が増します。いざやっとのことたどり着いた休日で、いよいよ何かをやるかと思っても、なかなか重い腰が上がらない。

 

そのため休日の少ない会社から抜け出す第一歩は、少ない隙間時間を使って求人チェックすることからです。

 

転職エージェントに登録すると、あなたの経験に応じた求人志向がランダムに表示されます。

 

また後日、あなたにマッチングした求人案件が送られてきたりして、意外なほどの求人数の多さに驚かされます。

 

 

あらかじめ、求人情報を積み重ねておき、マトを絞っておくのです。それがスタート。

 

 

もちろん転職エージェントは転職のサポート全般を行ってくれるので、いざ気に入った案件があった場合には、

 

・効果的な職務経歴書の書き方

・面接対策

・志望動機と退職理由の述べ方

 

などの細かいフォローを行ってくれるのは言うまでもありません。転職エージェントは求人数の多い大手に絞っておくのがおすすめです。

 

 

ぶっちゃけた話し、長時間労働がこれだけ問題になっているのに、休みもままならない会社で働いているのは損でしかありません!

 

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。転職する人の9割が利用している転職エージェント。

 

案件数も多く、親身になってくれる経験抱負なコンサルタントが沢山いるのが特徴。

 

どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人におすすめ!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。一般に公開されていない案件もかなりある。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
アーカイブ
転職エージェント
自分は転職できるのか?もしそんなお悩みを抱えているなら、「転職エージェント」に相談してみては?
最近の投稿