会社に殺される 対処法

ブラック企業を辞めたい

実録!30代でブラック企業を脱出した生身の体験ブログ!

このままでは会社に殺されると思った時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「会社に殺される 対処法」

 

あなたは今こんなキーワードを検索窓に打ち込んで、私のブログをみていることでしょう。

 

このままでは、本当に会社に使い倒されて死ぬんじゃないだろうか・・・・。

 

こんな不安からでたキーワードかと思います。

 

しかし今、

 

会社のおかしさに気づいたあなたはまだまだ大丈夫です。

 

対処法は一つしかありません。

 

 

今すぐその会社から逃げて下さい!。

 

 

 

労働時間にあまりにも見合わない手取り

このままでは会社に殺されるのではないか?と感じる一番の要因は、

 

 

「労働時間が異常に長い」

 

「時間に対して給料が見合わない」

 

 

この2点です。

 

単純に言えば、時間と金の搾取とも言い換えられますね。

 

そして何よりも恐ろしいのは、なんとなく搾取されている感を感じながらも、その会社で頑張って働き続けてしまうことです。

 

 

・毎月400時間近くの労働時間

 

・月の残業時間が余裕で100時間超え。その上サービス残業

 

・にも関わらずボーナスが2~3万のお小遣い程度

 

 

 

こういった仕打ちを受けながらも、なぜか人はその会社にい続けてしまう。

 

「どうせ俺なんか他にいくところがないから・・・。仕方ない我慢しよう」

 

こんな感覚に陥ってしまうのです。

 

 

しかしこれは大きな誤解です。

 

 

誤解というようりも典型的なブラック企業の「プロパガンダ手法」に陥らされているだけなのです。

 

 

 

プロパガンダで労働者を封じ込めるブラック企業

 

ちょっと堅苦しいワードかもしれませんね。

 

「プロパガンダ」

 

一体どうゆう意味なのか?

 

プロパガンダ(羅・英: propaganda)は、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為である。

通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。

 

(参照:Wikipedia

 

プロパガンダとは本来、政治用語です。

 

簡単に言えば、ウソや事実を誇張して語ることで、国民を国家に有利なように考え・行動を偏らせていく政治手法です。

 

煽動の手法とも言えます。

 

これが「会社に殺される」事とどう関係があるのか?

 

 

人間が冷静さを失う瞬間は、自分に余裕が無い時とされています。

 

特に時間もない、金も無いという状態は選択肢も狭められ、冷静さを失うどころか積極性がなくなりネガティブな思考に陥りがちです。

 

この弱った心理状態を作り上げたところで、都合のいい情報を流されると、偏った考えでさえも面白いほどに受け入れてしまうというのが典型的なプロパガンダの手法です。

 

有名な例だと世界では独裁者のアドルフ・ヒトラー、日本ではオウム真理教の麻原彰晃がとった定番中の定番パターンです。

 

 

実はこの手法、驚くほどに会社が社員を飼いならす手法に類似しています。

 

 

金が無い状態を作る(給料が低い、残業代を出さない)

時間が無い状態を作る(長時間拘束する)

金と時間を奪って思考停止状態の完成

自社に都合のいい考え(プロパガンダ)を吹き込んでいく

 

 

見事に政治手法のプロパガンダと、ブラック企業のプロパガンダが似ている事に気付きます。

 

 

そして厄介なのがプロパガンダは、水面下で仕掛けられているのでなかなか気づきにくいという点。

 

また強いチカラを持った側(会社)から一方的に、弱い立場(社員)に情報が浴びせられるので扇動操作がなされやすい。

 

 

「何かおかしい」と感じながらも、辞めずに頑張ってしまうという背景にはこんなブラック企業のプロパガンダが潜んでいるのです。

 

 

度が過ぎたためあなたは「会社に殺される」と感じている

 

とはいえプロパガンダも度が過ぎると「おかしい」と感じる深度が深くなっていきます。ましてこのままでは「会社に殺される」と感じたあなたはその状態を抜け出すチャンスと言えます。

 

このまま今の会社で働き続けるのは非常に危険。

 

 

上の図を見て下さい。

 

上記は人口10万にあたりの自殺率の図表です。

 

男女ともに世界先進国の中では、韓国に次いで自殺率が高いことが分かります。

 

韓国の場合は年金や核家族の問題での自殺が多いようで、日本のそれとは毛色が若干違います。

 

 

 

(参照:厚生労働省

 

 

その証拠に日本では、若者、中年の自殺が多いのが特徴です。

 

特に労働の中枢である20歳~40歳までの人の死因1位が「自殺」なのは驚きです。

 

 

最近の電通の一件などもあり、会社の人材使い潰しが話題に上がってきています。

 

低賃金、長時間拘束の仕打ちをうけ、「まだまだ頑張れる」「我慢がたりない」などのプロパガンダを吹き込まれれば、頑張ってしまうのが日本人の気質。

 

挙げ句の果てには、後にも先にも行き場を失って出た行動の結果がこの表に現れているのではないでしょうか?

 

 

おかしいと感じた時点で、「会社を辞める」という対処法を取ることがいかに大事なことか。

 

 

大企業、有名企業が安心なわけではない

もしかしたらあなたは、うちの会社に限っては・・・という思いがあるのかもしれません。

 

ネームバリューがあったり、地元では名のしれた企業であったりと理由は色々あるかもしれません。

 

ですが安心しないで下さい。

 

ぶっちゃけた話し、労基法は万能に機能しているわけではありません。

 

労働基準法違反で訴訟されている事件なんて氷山の一角で、まだまだグレーな部分をすり抜けらて泣き寝入りしている人は大勢います。

 

それは大企業でもです。

 

今後法律が変わって、徐々に整備がされてくる可能性はあるのでしょうが、実態としてはまだまだ機能していないのが実態。

 

 

逃げて下さい。

 

 

会社に殺される前に。

 

 

対処法は逃げるだけ

 

今の現実を変える方法は一つしかありません。

 

 

それは「逃げること」です。

 

 

・今の苦境を乗り越えれば報われる

 

・周りのみんなも頑張っている

 

 

 

こういった考えに陥らされるのは、ブラック企業に仕掛けられた「プロパガンダ」にすぎません。

 

そんな環境にいると、会社を辞める行為=逃げる行為。と考える人もいるかもしれません。

 

 

確かに逃げの行為でしょう。しかしそれは、

 

 

理不尽な環境から逃げる。災難から逃げる。

 

 

勇気ある行為なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪待遇   0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
アーカイブ
転職エージェント
自分は転職できるのか?もしそんなお悩みを抱えているなら、「転職エージェント」に相談してみては?
最近の投稿