ホワイト企業 面接 根性

ブラック企業を辞めたい

実録!30代でブラック企業を脱出した生身の体験ブログ!

ホワイト企業の面接で「根性がある」は自己PRしてはいけない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラック企業に勤めた経験がある人ほど、「仕事で一番重要なのは忍耐という名の根性だ」こう考えてしまう。

 

確かにビジネスをやる上で、クレームなどの精神的苦痛やルーティンワークを淡々とこなすタフさは必要があります。

 

しかし面接の場で、「根性がある」ことをアピールするのは、実はほとんど意味がありません。

 

特にホワイトな会社ほど、根性や我慢強いなどの精神論は求めないのです。

 

ブラック企業経験者が、ホワイトへ企業への転職活動の際に陥りやすい、面接のポイントを説明します。

 

 

 

根性=能力という勘違い

長い年月をブラック企業で過ごしたり、最初に就職した会社がブラック企業な人ほど、根性がある事は会社に評価されると勘違いしやすい。

 

それもそのはずで、ブラック企業では過酷な残業や長時間労働を押し付けるので、それを理屈抜きに根性でやってくれる人材を好む。

 

劣悪な労働環境が疑問視される事を嫌がるので、論理だって考える人や法律に詳しい人は煙たがられるのですね。

 

そういったこともありブラックな会社では教育方針が精神論に偏っている。

 

「気合で商品を売れ!」

 

「夢と希望を持ってまえに突き進め!!」

 

こんな事ばかりがあっちこっちで叫ばれるものだから、やっている方は、「それが会社から求めれるものなんだ」と思い込んでしまうのです。

 

 

これ、ものすごい勘違いですからね。

 

 

気合や根性はブラック企業が洗脳のために使うワードであって、ホワイトな会社はそんなものは微塵も求めません。

 

もっと違うものを求めます。

 

そのためホワイト企業への転職では、アピールの仕方に工夫が必要です。

 

 

まともな会社が求めるもの

 

あなたは企業へ応募する際にどんな基準で応募しますか?

 

「この会社なら自分の能力を活かせるかもしれない」

 

「この会社でなら自分の強みが活きるかもしれない」

 

こんな基準を抱くかもしれません。

 

しかしもしその基準が「根性」などの精神論なら危険です。

 

そもそもまともな会社は、あなたから送られてきた履歴書や職務経歴書を見て、「この人ならうちの会社で役に立ってくれるかもしれない」という期待を抱き面接へと招待します。

 

そしてこの「役に立ってくれる」基準は根性ではありません。

 

いかに自分の会社に利益をもたらしてくれる可能性があるかです。

 

 

例えば、あなたが過去にやっていた仕事が長時間労働のサービス業だったとします。

 

新しく応募した会社が求めるものは、長時間労働に耐えられる精神力では断じてありません。あなたがサービス業を通じてどんな経験をし、どんな能力が育まれたか?です。

 

 

・接客を通じて臨機応変なトークを身に着けた

 

・お客様が困っている様子を敏感に感じ取れる(空気を読める)

 

・なので先回りして商品の案内ができる

 

 

 

こういった「生の職務経験」と、そこで培った「活きた感覚」こそが、まっとうな会社が求める能力なのです。

 

 

ここを履き違えてしまい、やれ、曜日構わずいつでも残業できるだの、休日は少なくてもOK!だのをアピールしてもホワイトな会社には1ミリも刺さりません。

 

むしろ逆に精神論を振りかざす応募者は危険視する事すらあり得ます。

 

 

ブラック企業思考の人間は煙たがられる例

私が転職したホワイト企業でこんな事がありました。

 

職場の仕事熱心な新人で、終わらない仕事をなんとかかたそうとして残業をしていたのですが、残業上限が決まっていたため終わろうとなったのです。

 

ですが、この新人、タイムカードを切ってまで仕事を終わらしにかかったのです。要は自ら率先してサービス残業をして終わらせようとしたのですね。

 

それに対して、同僚上司、みんなで大慌てで止めにかかった。

 

 

実はこの会社、過去にサービス残業が横行して、長時間労働が問題になったという背景があったのです。

 

社員の離職に歯止めがかからず、経営者一同巻き込んでなんとかこの悪しき習慣を断ち切ろうということで、試行錯誤の挙句、サービス残業をなくしたという経緯がある。

 

結果、売上も伸びて、「長い時間働けば利益が上がるものではない」という事を全員で証明した背景があったのです。

 

 

言えば、ホワイトな環境をやっと作ったのに、そこで一部の人間が「自分はまだまだやれる」という謎の精神論で仕事をし、再度ブラックな環境に戻されたらたまったものではないとなったのですね。

 

言ってみれば、ホワイト企業からすればブラック企業の思考を持った人間は脅威でしかないのです。

 

 

その後この会社で何が起きたか?

 

 

面接の時点でブラック思考を持つ人間をふるいにかけるようになりましたよ。

 

厄介なのが、長い時間働くことを耐えられる事を自身のメリットに掲げる人ってやる気に満ちあふれている人が多い。長時間労働=能力・やる気と勘違いしている。

 

ですがこれって、今の時代性の逆を行く発想なのです。

 

テクノロジーの発達もあってなのか、今と昔では真面目な人の基準さえ変わってきています。

 

 

昔:「遅刻せずに出勤して、言われたことを言われた通りに徹底的に遂行する人」

 

今:「いかに自分の頭で考えて、どれだけ少ないコストで最大限の利益を出せる人」

 

 

こういったところにシフトチェンジしているのです。

 

前者はブラック企業。後者はホワイト企業の典型です。

 

そのためホワイト企業からすれば、長時間労働で結果を出そうとする人は煙たい存在でしかない。

 

 

 

ブラック企業にもホワイト企業にも共通すること

 

ブラック企業にもホワイト企業にも共通することがあります。

 

 

それは利益を追求していることです。

 

 

前者は時間を利用し、後者は仕組み(能力)を利用する。

 

そのためホワイト企業に就職したければ、徹底してどうしたら自分の能力を自己アピールできるのかを掘り下げる事が必要です。

 

前述もしましたが根性論はダメです。

 

 

例えば、ブラック企業で無理な労働環境に耐えてきた実績があったとしたら、

 

 

長時間労働に耐える忍耐力がある(ブラック思考)⇒集中力を切らさない具体的な方法・仕組みがある(ホワイト思考)

 

カモにいかに高く売りつけるか(ブラック思考)⇒いかに主導権を握って効率よく商品を客に案内できるか(ホワイト思考)

 

 

こういったブラックで培った部分をいかにホワイトな会社に魅力的に映るように説明できるかの工夫は必須。

 

変換の仕方は、どのような会社で働いてきたか、これからどんな職種を目指すのかによってもかなり変わります。

 

 

1、前職で経験したことを精神論を排除してアピールする

 

2、1で感じた事、大変だった事を精神論を排除して説明する

 

3、その結果、何ができるのかをホワイト企業にアピールする

 

 

こういった段階で伝えるのがポイントで、上記に精神論を加えてしまうと、単なる自己自慢のような印象に受け取られかねないので注意が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
アーカイブ
転職エージェント
自分は転職できるのか?もしそんなお悩みを抱えているなら、「転職エージェント」に相談してみては?
最近の投稿