労働条件 違う 退職

ブラック企業を辞めたい

実録!30代でブラック企業を脱出した生身の体験ブログ!

面接時と労働条件が違うからすぐに退職するのは甘えではない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


心機一転で新しい職場に就職が決まった。

 

「ようやく新しい転職先が決まった。待遇も自分の希望通りだし頑張るぞ!」

 

こんな感じで息巻いて、さっそうとした気分で自分の門出に心が踊る。

 

 

ところが、

 

 

実際に入社してみると、面接時の労働条件と全然違うのです!

 

 

面接時(求人広告時)に提示された条件と違うから辞めたいのは甘えなのか?

 

 

書面と実態の食い違い

 

応募者はまず求人広告などを閲覧し、そこから応募をし、書類審査に受かり面接を受けるに至ります。

 

「面接」というお互いを理解する場を経て、概要を話し合い、徐々に詳細を煮詰めていく。

 

その上で「内定」がでれば、書面で契約といった段階を経るのが普通の応募の流れです。

 

 

求人広告から応募

書類審査合格

面接

書面で契約完了

 

 

 

こういった流れで決まっていく。

 

もし面接の時点で、求人広告に記載されている内容と著しく違う条件を言われたり、曖昧な言い回しで「あやしい」感じを受ければ、この時点で辞退をする。

 

これは単なる求人詐欺と言えるでしょう。

 

求人広告、面接、契約時の書類、このどれもが相違なく、自分の希望通りで会社側からも見込まれれば晴れて契約が成立となります。

 

 

いざ初出勤!となり、いよいよ業務がスタートします。

 

 

多くの問題が生じるのがここから。

 

 

仕事が始まると、契約時の書面内容と、実際に行われている業務実態が食い違うのです。

 

 

・完全週休2日制と聞いていたのに、土曜日は出勤になる

 

・残業はほとんど無いと聞いていたのに普通にある

 

・固定残業代で、超過分の残業代が支給されない

 

 

 

ありがちなのがこういった内容。

 

そして面倒なことにこういったサービス残業や休日出勤が、社員の自主性をもとに実地されているのです。

 

書面上は「完全週休2日制」となっているのに、社員が自主的に土曜日出勤している。そうゆう社風になっている。

 

 

これ厄介です。

 

 

強要されたら契約解除

もしあなたがこういった社風の会社に就職してしまった。

 

労働条件の契約と実態が異なるが、それは社員の自主性のもとに成り立っている。こんな会社だった。

 

この場合、あなたの裁量次第でどうとでもなります。

 

 

もし仮にこの職場で、上司から

 

「ウチの職場の実態はこうだ。みんな休日出勤もサービス残業も厭わずに頑張ってくれている。だからお前も同じように頑張ってくれ」

 

なることを言われたら、これは完全に契約違反です。

 

 

 

(参照:厚生労働省、知って役に立つ労働法

 

 

もし強制的に周囲に同調するように会社側から言われたら、それを拒否することができますし、条件が違うので当初の約束通りにするように請求もできます。

 

 

とはいえ、入社して右も左も分からない状態で、ズケズケと、

 

「条件が違うじゃねーかよ!」

 

とはなかなか言えないものですよね。

 

 

その場合、当初の契約と内容が違う事を理由に、契約を解除することができます。

 

(※悪どいブラック企業の中には、急遽、就業規則が変わったなどという会社もあるので注意が必要です)

 

 

 

契約内容の相違は甘えではありません

労働契約と実態が違ったが、多少の差異があることは分かっていたし、何よりも自分が想像していた通りの職場なのでこのまま継続して働きたい!

 

というのであれば、そのまま続けていけばいいかと思います。

 

ですが、

 

「何か会社に裏切られた感がある」

 

「踏ん切りがつかずモヤモヤする」

 

というのであれば、我慢することは全くありません。労働条件が違う事を理由に一刻も早く退職してしまって下さい。厳密に言えば契約の解除です。

 

 

一番良くないのが、我慢してその会社の社風に馴染もうとしてしまうこと。

 

本来は納得がいっていないにも関わらず、みんなそうしているからという理由で、自分も休日出勤・サービス残業を進んで行おうとすること。

 

こういった会社は、一度条件を暗黙でのんでしまうと、今後も更に過酷な条件を突きつけられる可能性が高いです。

 

「多少の無理難題をふっかけてもやってくれる」こんな依存を寄せてくる事もありえますので、ここはラインを引いた方が無難でしょう。

 

 

そんなことも我慢できないなんて甘い!会社なんてどこもそんな感じだよ!

 

こういった意見もあるかもしれませんが、そんなのは昭和の話です。今では昔話と言っていいです。

 

 

だいたいが従業員の無銭労働で成り立っているような会社が、本当に社会にとって必要なのか?という問題もありますし、社員側からも問題提起がなされずに、根本的な事が放置されている会社の性質で明日があるのかも疑問です。

 

人手不足、少子高齢化もあってこういった会社は今後どんどん縮小していくはず。

 

考えが甘い、甘くないの以前に単なる合理的な判断による退職と言えますね。

 

 

 

就職したがすぐに退職で不利になるか?

いくら労働条件の食い違いによる退職といえ、早期に辞めてしまってはその後の転職活動が不利になるんじゃないか?

 

こう考えるのが普通でしょう。

 

しかし試用期間中の退職であれば、そもそも履歴書に書く必要がありませんし、社会保険に関しても会社が手続きを完了していなければ履歴にすらならずに終了します。

 

 

転職したが半年で退職。次の面接でどう説明すればいいのか?

 

 

むしろ辞めてダラダラしてしまい、長期間ブランクが空いてしまうと、その空白の期間何をやっていたのかは必ず次の面接でつっこまれますので、その対策を練った方が賢明でしす。

 

 

 

会社都合での退職はあまり全面に出さない方が良い

「労働条件が全然違った。ふざけるな!」

 

こんな怒り心頭の方もいるかもしれません。

 

しかし、だからといって次の面接で「条件の差異」を徹底的にアピールするのは考えもの。

 

あくまでも面接は自分の市場価値を企業にアピールする場なので、お互いに理解の浅い状態で前の会社の不備を誇張すると、ただ単に不信感を抱かせることになってしまいます。

 

そのブランク期間を言う必要なく済めば、言う事はないです。

 

むしろ、以前の失敗談を糧にして、今後、労働条件の食い違いが起こらないようにするにはどうすればいいのかをよく考える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間   0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿