半年で退職

ブラック企業を辞めたい

実録!30代でブラック企業を脱出した生身の体験ブログ!

転職したが半年で退職。次の面接でどう説明すればいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


転職したものの、全く合わずに半年で辞めたい。

 

実はこんな悩みを抱えている人はかなりいる。

 

「求人詐欺」や「誇大広告」が横行している最近なため、入社したものの自分の予想と大きく異なりミスマッチ。

 

こんな話はありきたりと言えるぐらいです。

 

しかし真面目な人ほど、

 

 

「とりあえず1年は頑張らなくちゃ」

 

「半年で退職してしまったら次の面接でどう説明すれば・・・」

 

 

こんな事を深く悩んでしまい、行動に踏み切れないのです。

 

キッパリ言います!半年だろうがなんだろうが辞める決断は早い方がいいです。

 

退職に1年も半年も大差ない

 

辞めることに踏ん切りがつかない人は、最低でも1年は頑張らないと職歴として成り立たない!などと気張ってしまいがち。

 

 

ですが、ぶっちゃけ1年も半年もほとんど大差はありません。

 

 

ほとんどの会社で1年も半年も経歴として同じとみなします。

 

 

むしろ次の面接の事を考えるなら、「勤務期間」よりも「退職理由」の方をどう説明するかを求められます。

 

 

まだ入社して半年しか経ってないし、とりあえずあと半年は頑張らばければと意気込む気持ちがあるかと思いますが、職歴や経歴のことを気にするなら、ほとんど意味をなさない事をまず押さえて下さい。

 

むしろ既存の会社が、激務なブラック企業だったり長時間労働でストレスフルな会社であれば、あと半年を気張って頑張る方がリスクを伴います。

 

合わないなら合わないで、いち早い決断を下し、転職に踏み切った方が断然良いです。

 

 

半年で退職した経歴の説明

半年で辞めるに辞めれない理由がこれ。

 

次の面接で「半年退職の説明」をどうするかが引っかかってしまうのです。

 

それもそのはずで、面接官は短期で退職した経歴を必ずつっこんできます。必ずです。

 

しかしなぜ面接官が突っ込んで聞いてくるのかを考探ることで、自然とどう説明したらいいのか答えが見えてきます。

 

 

面接官が退職理由を聞く理由

面接でなぜ短期退職の理由を聞くのか?

 

それは、

 

 

またすぐに辞めてしまうのではないか?

 

 

この部分をしっかりと確認しておきたいからに他なりません。

 

「半年で退職してしまうなんて、不誠実な人間なのではないか?」

 

こういったところを事前に確認しておきたいのですね。

 

 

そのため「半年退職」の理由をしっかりするには、自分は不誠実な人間ではないところをアピールする必要があります。

 

 

不平不満はNG

 

文句や悪口と受けとられかねない内容のトークは不誠実そのものと判断されます。

 

半年という短いスパンで退職しているため、何らかの大きい理由があるのですが、いくら後ろめたい理由でもその理由を攻撃するような事は控えます。

 

 

・残業時間が長すぎて疲弊した

 

・仕事内容がくだらくやる気を削がれた

 

・嫌な上司がいてストレスで体を壊した

 

 

前の会社を非難攻撃するような発言は一切控えながらも、実際のあなたの気持ちをからめて説明します。

 

あなたは当初、入社して半年で退職なんて事は考えていなかったはずです。その事を一番不本意に感じているのは何よりも自分自身ですよね。

 

そこを面接官に説明します。

 

 

・半年で退職に至った経緯を非常に反省している

 

・やむを得ずに半年退職せざるを得なかった

 

 

この部分を、具体的な理由をからめながら不平不満にならないように説明します。

 

 

半年退職の説明具体例

コツは、

 

 

・仕事自体に嫌気がさしているわけではないこと

 

・自分で進んで解決策を探しているというポジティブな姿勢

 

・ウソは言わず本音を話す(不平不満はだめ)

 

 

 

を表し、面接官に会社側にも問題があったのだなと思わせる。

 

※下記はあくまで例文なので参考程度にとどめて下さい。

 

 

長時間拘束が原因で退職した場合

ブラック企業ではありがちですよね。みなし残業や固定残業などと言いくるめられてしまい、長時間労働にも関わらず残業代が出ないパターン。

 

ポイントは長時間働きたくないのを濁す点。

 

 

 
例)前職では働く時間が長いにも関わらず、自分自身が成長できている実感が少なかった。長くダラダラ働く環境よりも、効率的に仕事を吸収し成長をはかりたいと思った。

 

 

 
例)メリハリのある環境で働く事で、自分で使える時間を増やしたい。あいた時間を読書に費やしたり、仕事に繋ががるための勉強に当てて自己成長したい

 

 

 

 

長時間労働にウンザリして短期で退職した場合、短い時間で働けることのメリットを話しながら、余った時間に何を費やし、それが仕事にどのように活きるのかを話すのがポイントです。

 

 

 

職場の雰囲気が原因で退職した場合

入社したが、イケイケの体育系会社、わんまん社長の会社だった・・・。辞めたい。

 

こんな話もよくあるところです。職場の雰囲気が合わずに辞めた場合、どう説明すればいいのか?

 

 

 
例)前職は体質が古く、意見や改善案を受け入れてくれない気風だった。上司にも何度か提案を申し入れたけど、中々聞き入れてもらえなかった。自分自身の会社に対する問題意識が希薄になっていくと考え転職を決意した

 

 

 
例)全員が同じ方向に向かって頑張る姿勢に魅力を感じて入社した。しかし意見を言えるような環境ができておらず、偏った価値観になっていき自分自身これでいいのか疑問を感じてしまった。一人一人の意見がしっかり反映される環境の職場で働きたいと思った。

 

 

 

職場の空気感に嫌気がさして退職した場合、面接官からはコミュニケーション能力に不備があったのではないかの疑問がかけられます。

 

そこを柔軟に説明できるトークが必要でしょう。

 

 

 

ボーナスが出ない事が発覚した場合

面接ではその年の業績によるなどと説明されていたが、実際に入社してみると向こう3年近くボーナスが支給されていない事が発覚。こんな時、退職理由をどう説明するのか?

 

 

 
例)当初の説明ではボーナス支給となっていたが、業績の悪化で全面カットとなった。評価の面もあるが自分の中でチャンスが狭まってしまったと感じ退職を決意した。

 

 

ボーナスだけにとどまらず会社の将来性に不透明感を感じた場合には、文句にならないようにその部分を打ち出すのはオッケーです。

 

その上で、自分にどのような変化が生じ、だからどういった会社で働きたいのかを話せるかがキーポイントでしょう。

 

 

 

仕事内容が面白くない

仕事が雑用ばかり、無駄な工程も多く面白くない・・・。こんな時次の面接でどうする?

 

 

 
例)もっと自分が挑戦できる環境で働きたい。成長のスピードを加速させて会社に貢献できるチカラを養いたい。

 

 

正直、仕事がつまらないから辞めた場合、その理由を変換させるのは大変です。なぜなら基本的に仕事自体そんな面白いものではないというのが根底にあることが周知の事実だからです。

 

そのため、この理由を面接で展開する場合には、

 

 

・忍耐力がないことをカバーできる説明

 

・成長して具体的にどうしたいのか?

 

・なぜ前の職場ではそれが実現できなかったのか?

 

 

 

をハッキリと答えられる必要があります。

 

 

 

半年で退職することを上手く説明できないなら

半年で退職することにポジティブな印象を持つ面接官はいません。何かしら非があって辞めてきたものだという認識が必ずついてまわります。

 

不平不満を言わずに、うまく立ち回ろうとし饒舌にアレコレ話すのは禁物です。

 

「弁だけはやたらたつ人だなあ」

 

こんな印象を持たれかねません。

 

 

上記に述べた退職理由の説明はあくまでも一例です。職種や職場の環境によっても差があるでしょうし、あなた自身の都合も多いことでしょう。

 

もし半年で退職した理由を上手く説明できないと感じたら「転職エージェント」に相談してみませんか?

 

退職理由のいかんを問わずに、色々な指南を下してくれます。

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。転職する人の9割が利用している転職エージェント。

 

経験豊富なコンサルタントが多いため、あなたの状況に応じて臨機応変に面接指導をしてくれます。

 

厳しめの意見を言う方もいますが、それは転職成功を実現させ続けている実績の裏付けです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそは長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。一般に公開されていない案件もかなりある。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間   0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿