休日出勤 強要 代休無い

ブラック企業を辞めたい

実録!30代でブラック企業を脱出した生身の体験ブログ!

休日出勤を強制するのに代休がない会社の是非

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


休日出勤。法律では、

 

「使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない」

 

と定めています。あくまでも法律上はです。

 

しかし世の中、平気で休日出勤をさせまくる会社も存在しています。

 

 

休日出勤を強要することは法律違反ではないのか?

 

代休を与えれば休日出勤を強要させる事ができるのか?

 

 

その是非について解説します。

 

 

 

2種類ある日本の休日

ちょっと堅苦しい言い方になってしまいますが、現行の日本の休日の概念は2種類があります。

 

・法定休日

・法定外休日

 

の2つです。

 

法定休日とは読んで時のごとく「法律で決められた休日」の事ですね。

 

 労働基準法上最低限与えなければならない休日の日数は、毎週少なくとも1日か、4週間を通じて4日以上です。

(参照:厚生労働省労働基準法のあらまし

 

1週間に最低1日。

 

よくあるのが日曜日が定休日の方がこれで、逆に「4週間を通じて4日以上」は平日休みのシフト勤務の方がこれにあたります。

 

 

一方で法定外休日とは何なのか?法定休日と何がどう違うのか?

 

法定外休日とは企業ごとで個別に決めた法定休日以外の休日の事です。

 

今主流になっている週休2日制なんかはこの典型で、会社と従業員間で結ばれた雇用契約上での休日です。

 

会社側が時代性を反映させてとっている善意的な措置のようなものという見方もできますね。

 

 

「法律上は4週間で4日の休日でOKだが、ウチは週休2日制だから、実質4週で8日の休日がある」

 

大手企業などは今やほとんどがこういった感じじゃないでしょうか?

 

 

そのためか「法定外休日」は法定休日ほどに、法律の束縛を受けないという面も持っています。

 

一体どうゆうことか?

 

 

拘束されない法定外休日

通常、週1日の法律で決められた休日(法定休日)を休日出勤させる場合には様々な制約が生じます。

 

 

・就業規則に振替の根拠規定があること

 

・事前に振替日を規定すること

 

・振替後の休日が週1日または4週4日を満たすこと

 

 

 

こういった振替の手続きを踏まないと休日出勤を命じる事はできません。(通常は)

 

 

ですが一方で週休2日制などの法定外休日の場合には上記の制約は生じません。

 

労基法上での最低休日は4週につき4日なので、週休2日制の会社の場合には基本4週で8回になります。

 

8回中4回は法定休日で残りの4回は法定外休日になる。

 

この残りの法定外休日に関しては法律の規制はない。と解釈されている。

 

 

休日出勤の強要が法定休日の場合

例えば、あなたが土日休みの会社に勤務しているとします。

 

業務が多忙で土曜日に休日出勤を命じられた場合、これは法律上の休日出勤には当てはまらない。

 

あくまでも法定外休日の出勤という扱いになりますので、会社が規定している善意で作られた休日が1日なくなった。だけなのです。

 

そのため、土曜日に出勤したから、別の日に代休を取るといった考えも当てはまりません。

 

法律を絡めたベースの考え方は上記のようになります。

 

ただそうは言っても、突発的な休日出勤の強要は困るし、何よりも会社と従業員間での信頼関係を損ないかねません。

 

そのため大手企業やホワイトな会社では、

 

 

・法定外休日でも出勤したら代休がある

 

・会社独自のルールで買い取ってくれる(法定外でも休日出勤手当を支給)

 

・就業規則に法定外休日の詳細が記されている

 

 

 

こういった決まりを細かく定めていて、働く人間の環境が整っているものです。

 

 

 

ブラック企業では法定休日さえも出勤強要される

法定外休日の考え方が浸透している会社は、まだまだ恵まれてる環境といえるかもしれません。

 

最低でも1週1日以上の休日を作ろうという社風があるので、労働環境を整えていこうという気概が感じられます。

 

問題は1週1休の「法定休日」さえも守らない会社です。

 

ブラック企業にありがちですが、「休むことは悪いこと」といった風潮さえある会社。

 

特に悪質なのが、自らすすんで出勤している感じになっている会社の場合。

 

得てしてこういった傾向がみられるのがサービス業です。

 

飲食店やアパレル、家電量販店などの年中無休のサービス業に多くみられます。

 

 

・建前は月に8回の休日を掲げている

 

・形式的に週休2日制を謳っている

 

 

 

雇用契約書や就業規則にもこういった内容のモノが盛り込まれているにも関わらず、実態としてそれが全く守られていない。

 

というよりも、度重なる離職や人手不足で守れないのですね。

 

 

更には店長やマネージャーなどの役職についてしまうと、スタッフの穴埋めをするために自主的に出勤している事になっている。

 

本当は休みたいのに、実質的に自分が休むと店や現場が回らない為に、結果、法定休日もくそもなく自分から出勤しているのです。

 

経営陣や幹部達もこういった現場の無理が横行しているにも関わらず見て見ぬふりの常態。

 

万が一、何か問題が起きた際には、

 

「店長の〇〇には週2日で休むように指導していた」

 

などと言い出す始末に。

 

 

当然代休なんていう考えも無い。

 

 

自主的に休日出勤させられる会社では身体がもたない

誰しもが休日無く働きたいなどと願っているはずはありません。

 

もしあなたが今の職場で、

 

 

会社全体で自主的な出勤をする社風

 

・休まずに働くのがなんとなく賞賛される空気感

 

 

 

こういった風潮を持っている場合、それはまぎれもなくブラック企業と言えます。

 

 

怖いのが、会社全体がこういった気風の場合、社員それぞれも「このまま頑張っていればなんとなく報われる感」を感じてしまう。

 

しかしそれは全てブラック企業側に操られたまやかしにすぎません。

 

 

冷静に立ち返ってみてください。

 

休日出勤を強要されるまでもなく、自主的に出勤するという事が通常化している時点であなたのモラルは異常をきたしていると言えます。

 

 

よく言われることですが、ブラック企業の特徴として「コンプライアンス意識の低下」があります。

 

会社全体として倫理観や遵法意識が低いために、恒常的に違法行為を繰り返しているのに、社内で誰もそれを指摘する人がいない。

 

自社の利益を講じるためなら取引先に損害を与える事を厭わなかったり、社員一人一人の生活などは顧みない風潮をもった会社の事です。

 

 

だいたい社員のサービス残業が前提で会社が回っている事って、かなり脆弱感が強くないですか?

 

会社全体で労働基準法を破っていることを是認する傾向がある中で、邁進していく事って将来的に大丈夫なのでしょうか?

 

 

休日出勤を強要する延長に、もはや自ら休日出勤を自主的にしている。

 

もし今、あなたがそういった状況なら改めて考えなおす必要があるといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪待遇   0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿